Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

チャベス大統領の訃報に便乗する攻撃が発生 - 不審メールや検索結果に注意

米Symantecは、ベネズエラ大統領の訃報に便乗する攻撃を確認したとして注意を呼びかけている。

従来よりニュースへ便乗する攻撃は発生しているが、今回も世界的に注目を集めるチャベス大統領の訃報に便乗する攻撃が発生したもの。

同社によれば、訃報が伝わったのとほぼ同時にメールを利用した攻撃が発生。大統領の死因について陰謀説も出ており、今回の攻撃ではこうした話題を悪用して、メールのリンクから不正サイトへ誘導するという。

誘導先のウェブサイトは、マルウェアを感染するよう細工されていた。乗っ取られた正規サイトや、最近取得したドメインが利用されていたという。

Symantecでは、注目を浴びるニュースは、報道から半日足らずで攻撃が発生していると指摘。メールの添付ファイルはもちろん、ニュースを検索する際も注意するよう警告を発している。

(Security NEXT - 2013/03/13 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

発覚2カ月前にもマルウェア実行の痕跡、情報流出は否定 - こころネット
2月修正のWindows脆弱性、北朝鮮グループがゼロデイ攻撃に悪用
高校教諭がサポート詐欺被害、私用PC内に個人情報 - 広島県
ランサムウェア「ALPHV」、医療分野中心に被害拡大
県立高教諭が「偽警告」被害、第三者が業務用端末を遠隔操作 - 長野県
サポート詐欺でPC遠隔操作、個人情報流出の可能性 - 堺市体育館
「ClamAV」にアップデート - 脆弱性2件を解消
2023年4Qにおけるtelnetの探索、12月下旬は10月初旬の3倍に
Windowsのゼロデイ脆弱性「CVE-2024-21412」、昨年12月下旬より悪用
LINEヤフーのサイバー攻撃被害、メールやSlack上でも - 対象件数を修正