Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

チャベス大統領の訃報に便乗する攻撃が発生 - 不審メールや検索結果に注意

米Symantecは、ベネズエラ大統領の訃報に便乗する攻撃を確認したとして注意を呼びかけている。

従来よりニュースへ便乗する攻撃は発生しているが、今回も世界的に注目を集めるチャベス大統領の訃報に便乗する攻撃が発生したもの。

同社によれば、訃報が伝わったのとほぼ同時にメールを利用した攻撃が発生。大統領の死因について陰謀説も出ており、今回の攻撃ではこうした話題を悪用して、メールのリンクから不正サイトへ誘導するという。

誘導先のウェブサイトは、マルウェアを感染するよう細工されていた。乗っ取られた正規サイトや、最近取得したドメインが利用されていたという。

Symantecでは、注目を浴びるニュースは、報道から半日足らずで攻撃が発生していると指摘。メールの添付ファイルはもちろん、ニュースを検索する際も注意するよう警告を発している。

(Security NEXT - 2013/03/13 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

Fortinet製VPN使う脆弱なホスト情報が公開 - 平文パスワードなども
オンラインの「サイバーセキュリティトレーニング」を提供 - 日立
ウェブゲートウェイサービスの不正サイト遮断機能を強化 - IIJ
政府、脱「暗号化zipファイル」検討へ - 意見募集で最多支持
既存サービスを「Emotet」対策として提供 - BBSec
凶暴性増すランサムウェアの裏側 - 今すぐ確認したい「意外な設定」
セキュリティ分野の「総務大臣奨励賞」が決定
CPU消費電力から暗号化キー解析できる攻撃「PLATYPUS」が判明
Pマーク事業者による個人情報事故、2019年度は2543件
PC2台が「Emotet」感染、顧客情報含むメールが流出 - ひらまつ