Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

チャベス大統領の訃報に便乗する攻撃が発生 - 不審メールや検索結果に注意

米Symantecは、ベネズエラ大統領の訃報に便乗する攻撃を確認したとして注意を呼びかけている。

従来よりニュースへ便乗する攻撃は発生しているが、今回も世界的に注目を集めるチャベス大統領の訃報に便乗する攻撃が発生したもの。

同社によれば、訃報が伝わったのとほぼ同時にメールを利用した攻撃が発生。大統領の死因について陰謀説も出ており、今回の攻撃ではこうした話題を悪用して、メールのリンクから不正サイトへ誘導するという。

誘導先のウェブサイトは、マルウェアを感染するよう細工されていた。乗っ取られた正規サイトや、最近取得したドメインが利用されていたという。

Symantecでは、注目を浴びるニュースは、報道から半日足らずで攻撃が発生していると指摘。メールの添付ファイルはもちろん、ニュースを検索する際も注意するよう警告を発している。

(Security NEXT - 2013/03/13 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「CODE BLUE 2022」の全24セッションが決定
不正アクセスでウェブサイトが改ざん被害 - IBS Japan
玄関マット製造会社に対するランサム攻撃 - 流出VPN認証情報で侵入か
再度「Emotet」の感染被害が判明、4月以降4人 - 室蘭工業大
フィッシング悪用ブランド、「au」が世界2位 - 「Emotet」国内活動は7割減
「CODE BLUE 2022」の一部登壇者が明らかに - 5Gハッキングなど
期間限定で大規模企業に「Emotet」の感染調査を無料提供 - ラック
一部店舗で無人チェックインシステムがランサム被害 - H.I.SホテルHD
PC3台が「Emotet」に感染、情報流出の可能性 - システム開発会社
AWS向けFWマネージドサービスの国内展開を開始 - パロアルト