Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

一部Cisco製スイッチにサービス拒否の脆弱性

Cisco Systemsが提供するスイッチ「Cisco Small Business」シリーズの一部に、サービス拒否の脆弱性「CVE-2013-1154」が存在することがわかった。

脆弱性が判明したのは、「Cisco Small Business 200シリーズスマートスイッチ」をはじめとする3シリーズ。SSHの実装に問題があり、細工されたパケットを受信するとサービス拒否に陥る可能性がある。同社では脆弱性を修正したパッチを提供している。

今回見つかった脆弱性は、富士通研究所の兒島尚氏と中田正弘氏が情報処理推進機構(IPA)へ報告したもの。修正にあたりJPCERTコーディネーションセンターが調整を行った。

(Security NEXT - 2013/03/07 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「BIND 9」にリモートより悪用可能な脆弱性 - アップデートが公開
「OpenSSL」にサービス拒否の脆弱性 - アップデートが公開
「Adobe Acrobat/Reader」に脆弱性 - ゼロデイ攻撃が発生、早急に対応を
MS、月例パッチで脆弱性56件を修正 - 一部で悪用も
glibcのJISコード処理に脆弱性 - アップデートがリリース
SAP、1月の月例パッチをリリース - 深刻な脆弱性へ対処
MS、2021年最初の月例セキュリティパッチを公開 - 一部で悪用も
NVIDIAのGPUドライバに複数脆弱性 - vGPUソフトウェアにも
NECプラットフォームズ製のIP-PBXサーバに深刻な脆弱性
Treck製「TCP/IPスタック」に複数脆弱性 - リモートよりコード実行されるおそれ