Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

IPA、開発者向けに「CC」の脆弱性分析手法を解説した資料

情報処理推進機構(IPA)は、開発者向けに脆弱性評価について解説した資料を公開している。同機構サイトよりダウンロードすることが可能。

同機構では、情報セキュリティ評価の国際的な規格「コモンクライテリア(CC)」に関する資料を提供しており、あらたに「開発者のための脆弱性評価解説」を追加したもの。

同資料では、開発者向けに「CC」における脆弱性の分析手法について解説。製品開発におけるセキュリティ面のレビューやテストに活用できる。

(Security NEXT - 2013/03/07 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

中国で脆弱性を発見する国際コンテスト - 11製品で脆弱性が明らかに
「TCP 445番ポート」宛てのパケットが増加傾向 - JPCERT/CC観測
2020年3Qの脆弱性登録は3082件 - 前四半期から1197件減
2020年3Qは脆弱性届出が1.3倍に - ソフト、サイトいずれも増加
米政府、中国関与のサイバー攻撃で利用された脆弱性25件を公表
専門学校生対象のコンテスト - テーマは「サイト運営会社向けセキュリティ教育」
2020年3Qのインシデント、前四半期比約1.2倍に - 探索行為やサイト改ざんが増加
約4割でインシデント被害、対応費用は約1.5億円 - 4.4%が「Emotet」経験
2019年の標的型攻撃対策製品市場は約460億円 - 5年後には1.5倍に
JPCERT/CC、インシデント報告などセキュリティ対策の協力者に感謝状