Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

AXSEED、MDMシステムにアプリの評価情報を提供するオプション

AXSEEDは、MDMシステム「SPPM2.0」において「アプリフィルタリングオプション」を4月より提供開始する。

「SPPM2.0」では、ホワイトリストやブラックリストによる制御機能を提供しており、同オプションにより、管理者がアプリの安全性を判断するための情報を提供する。価格は、端末1台あたり月額210円。

提供する情報は、Android情報サイト「アンドロイダー」がAPIにより提供しているアプリのセキュリティ情報。同サイトでは、アプリ開発者の身元確認やトレンドマイクロの評価システムにより、アプリの安全性について独自に評価を実施している。

(Security NEXT - 2013/03/07 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

小規模組織向けセキュリティ対策製品に新版 - カスペ
CPU上の挙動でマルウェア検知、クラウド連携のSaaS型サービス
オンライン事業者向けにFIDOによる生体認証サービス - Capy
「ウイルスバスター」新版、モバイル版で詐欺対策を強化
パスワード管理アプリに情報流出監視機能 - トレンド
コンシューマー向けパスワード管理製品を発売 - カスペ
クラウドで管理するソフトウェアVPNサービス - DNP
スマートデバイス向けEDRをリリース - サイバーリーズン
PW管理製品に新製品、流出状況のチェック機能 - エフセキュア
「タチコマ」コラボのAndroid向けセキュリティアプリ - NICTが実証実験