Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

求人サイト「ジョブセンス」でシステム障害 - 企業担当者や求職者の情報流出

アルバイト求人サイト「ジョブセンス」においてシステム障害が発生し、企業担当者や求職者の個人情報が、関係ない利用者から一時閲覧できる状態が発生した。

同サイトを運営するリブセンスによれば、2月27日16時半ごろに利用者の指摘により判明したもの。同社が原因を調べたところ、システム障害により2月23日以降にあわせて約115分間、個人情報が閲覧可能な状態が発生していた。

閲覧できた情報は、同サイトに登録している企業最大444社の担当者459人の氏名と企業名。また障害時に同サイトを利用して求人へ応募した最大1673人の氏名、電話番号、性別、メールアドレス、現在の職業などの情報も流出した可能性がある。不正利用の報告は寄せられていないという。

同社では同日20時前に修正を完了し、安全を確認できたとしてサービスを再開。同社では、対象となる企業については、詳細についてメールや電話で報告する。求職者に対しては同社より連絡は行わず、問い合わせ窓口にて対応する。

(Security NEXT - 2013/03/01 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

カプコン、ランサム被害を公表 - 個人情報最大36.4万件を窃取された可能性
「麻薬施用者免許」の申請書が所在不明に - 大阪府
厚労省の人工呼吸器利用者向け優先配布事業で配送伝票に個人情報を誤記載
クラウドのシステムが暗号化され脅迫受ける、詳細は調査中 - ベルパーク
障害者支援施設サイトに入所者の個人情報を誤掲載 - 神奈川県
配食サービスの利用者リスト、突風で紛失 - 東京都港区
就学支援金支給停止通知など書類の誤送付が発生 - 新潟県
個人情報を別業者へ誤通知、システム障害影響で - 九電
教育クラウドサービス「Classi」に不正アクセス - 全利用者のIDなど流出
市営住宅の入居者名簿が所在不明 - 大村市