Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

CRYPTREC、シンポジウムを開催 - 暗号リストを10年ぶりに改定

電子政府推奨暗号の安全性について評価を行っているCRYPTRECでは、3月26日に都内でシンポジウムを開催し、改定した「CRYPTREC暗号リスト」や活動状況について報告を行う。

今回開催する「CRYPTRECシンポジウム2013」では、10年ぶりの改定となる2012年度版の「電子政府における調達のために参照すべき暗号のリスト」を説明。さらに委員会やワーキンググループによる報告や関係者によるパネルディスカッションを予定している。

参加費は無料で、定員は300名。同プロジェクトのウェブサイトにて事前申込を受け付けており、定員となり次第締め切る。

CRYPTRECは、総務省と経済産業省が共同で運営する暗号技術検討会と、情報通信研究機構(NICT)および情報処理推進機構(IPA)による暗号方式委員会、暗号実装委員会、暗号運用委員会により構成されているプロジェクト。電子政府が利用する暗号の安全性について評価や監視を行うほか、実装や運用方法についても調査検討を行っている。

(Security NEXT - 2013/02/26 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

尼崎市USBメモリ紛失事故でBIPROGYに行政指導 - 委託元は監督対象外
警察へのランサム被害報告、1年で倍増 - 目立つ「VPN機器」経由の侵入
都、都内中小企業のセキュ対策経費に助成金 - VPNも対象
個情委、個人データ入り「USBメモリ」の管理で注意喚起
セキュリティ対策に貢献した研究者や実務者に感謝状 - JPCERT/CC
クラウドのDB消去をテーマとしたセミナー実施 - DBSC
2021年のランサム被害報告は146件 - 目立つVPN経由の侵入
2021年の不正アクセス認知は1516件 - 前年から約46%減
ソフト全般「脆弱性」対策の必要性、PC利用者で約6割が認知
PPAPメール、14.4%が受信を禁止 - 今後3割が禁止予定