Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

Android狙うウイルス、2012年の1年間で350倍に - トレンド調査

トレンドマイクロは、Android向け不正プログラムが、2012年初頭の1000件から1年間で35万件に拡大したとのレポートをまとめた。

同社では、2012年12月に速報ベースで31万4000件と発表していたが、最終的には35万件に達したという。2012年初頭は1000件ほどだったが、4カ月で10倍、さらに後半は勢いが増して1年で350倍へと急増した。

PC向け不正プログラムが35万件に到達するまで14年かかったのに対し、Androidはわずか3年で同水準に達したという。不正プログラムのファミリトップ10を種類別に見ると、「高額料金が発生するサービス悪用」が40.6%と最多。「アドウェア(38.3)」「「情報窃取(24.9%)」が続いている。

(Security NEXT - 2013/02/08 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「Citrix Workspace App」に権限昇格の脆弱性 - アップデートを公開
Adobe、13製品向けにセキュリティアップデートを公開
「Adobe Experience Manager」に深刻な脆弱性
「Adobe Experience Manager」に6件の脆弱性 - 修正版が公開
eコマースプラットフォーム「Magento」にセキュリティアップデート
「Adobe Acrobat/Reader」に14件の脆弱性、アップデートが公開 - すでにゼロデイ攻撃も
MS、5月の月例パッチで脆弱性55件を修正 - 3件が公開済み
「Chrome 90.0.4430.212」が公開、セキュリティ関連で19件の修正
IoT機器や制御機器に用いるRTOSなどにRCE脆弱性「BadAlloc」
「EC-CUBE」に脆弱性、クレカ情報流出被害も - 早急に更新や攻撃有無の確認を