Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

労働者の個人情報含む書類を一時紛失 - 大阪府の労働福祉センター

大阪府は、あいりん労働福祉センターの清掃業務に従事した労働者と監督者の個人情報含む書類の一時紛失について公表した。

一時紛失していたのは、1月26日と27日に同センターの清掃業務に従事した40人の氏名、生年月日、年齢、および監督者2人の氏名が記載された業務報告書。27日18時ごろ、清掃作業の管理をしている財団の職員が報告書をセンター内で受け取り、センターのフロアに置き忘れた。

翌28日8時30分ごろ紛失が判明。13時過ぎにセンター利用者から届出があり回収した。財団では対象となる関係者に対し、個別に説明や謝罪を行っている。また再発防止のため、名簿の管理方法を変更するほか、個人情報保護に関する研修を実施するという。

(Security NEXT - 2013/02/04 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

都立高から消えた「生徒個人カード」、一部を河川敷で発見
保健所職員が結核健診名簿をATMに置き忘れ - 大阪市
保健所で新型コロナ発生届のFAXを誤送信 - 静岡県
賞品発送時に宛名ラベルを二重貼り、個人情報が流出 - 宮城県
クラファンで別人に商品や通知メールを配送
特別児童扶養手当の認定書類を別人に誤送付 - 生駒市
修理依頼の過程で電子カルテ端末が所在不明に - 病院と業者でわかれる見解
ふるさと納税者に第三者の個人情報含む文書を誤送付 - 太良町
複数の開示文書データに個人情報、墨塗りするも識別可能に - 豊田市
難病研究用データに個人情報、ファイルから削除し忘れ - 厚労省