Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

IPA、2012年後半に急増した脆弱性「DOM Based XSS」のレポートを公開

情報処理推進機構(IPA)は、2012年後半に急増した脆弱性「DOM Based XSS」について、概要や対策時のポイントを資料として取りまとめ、公開した。

「DOM Based XSS」はクロスサイトスクリプティングのひとつ。ブラウザのプラグインなど、クライアント側のプログラムに作り込まれてしまうケースがあり、JavaScriptから動的にHTMLを操作するアプリ全般に注意が必要だという。

これまで届出は目立っていなかったものの、2012年後半に同脆弱性の届け出が増加。第3四半期の3カ月間に38件の届け出が寄せられたが、第4四半期には92件へ急増したという。解説資料も少ないことから同機構では、コード例や対策のポイントを解説した技術レポートを取りまとめた。

同資料の対象読者は、ウェブサイトの開発者や運営者、JavaScriptによる動的なHTML操作をするアプリの開発者。同機構のウェブサイトよりダウンロードすることができる。

(Security NEXT - 2013/01/30 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

Proofpointの「Insider Threat Management」に複数脆弱性 - アップデートがリリース
「iOS」などにゼロデイ脆弱性、アップデートが公開 - 旧機種向けにも
「Cisco NX-OS」に6件の脆弱性 - 重要度「クリティカル」も
「Movable Type」にXSSの脆弱性 - アップデートが公開
「Aruba ClearPass Policy Manager」に複数の脆弱性
フォームカスタマイズ用WPプラグインに未修正の脆弱性
小規模向けの一部Cisco製ルータに深刻な脆弱性 - 更新予定なく利用中止を
NECの複数ルータ製品に脆弱性 - アップデートがリリース
2020年4Qの脆弱性届け出は303件 - ソフト、サイトともに増
2020年4Qの脆弱性登録は1423件 - 前年同期の3分の1