Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

IPA、2012年後半に急増した脆弱性「DOM Based XSS」のレポートを公開

情報処理推進機構(IPA)は、2012年後半に急増した脆弱性「DOM Based XSS」について、概要や対策時のポイントを資料として取りまとめ、公開した。

「DOM Based XSS」はクロスサイトスクリプティングのひとつ。ブラウザのプラグインなど、クライアント側のプログラムに作り込まれてしまうケースがあり、JavaScriptから動的にHTMLを操作するアプリ全般に注意が必要だという。

これまで届出は目立っていなかったものの、2012年後半に同脆弱性の届け出が増加。第3四半期の3カ月間に38件の届け出が寄せられたが、第4四半期には92件へ急増したという。解説資料も少ないことから同機構では、コード例や対策のポイントを解説した技術レポートを取りまとめた。

同資料の対象読者は、ウェブサイトの開発者や運営者、JavaScriptによる動的なHTML操作をするアプリの開発者。同機構のウェブサイトよりダウンロードすることができる。

(Security NEXT - 2013/01/30 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

シングルページアプリの脆弱性診断サービスを開始 - Flatt Security
「Zimbra」に複数の脆弱性 - 修正版をリリース
「Movable Type」に複数の脆弱性 - アップデートで修正
リモートサポート製品「VMware Workspace ONE Assist」に複数の深刻な脆弱性
「Joomla」に2件の脆弱性 - アップデートで解消
2022年3Qの脆弱性届け出、ソフトとサイトのいずれも増加
脆弱性DB「JVN iPedia」の3Q登録数、前四半期から倍増
Adobe、複数製品向けにアップデート - CVSS基本値「10」の脆弱性も
Aruba製アクセスポイントに複数の深刻な脆弱性
「EC-CUBE」や公式プラグインに脆弱性 - バグバウンティ契機に発見