Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

IPA、社会科学の観点からセキュリティを考えるシンポジウムを開催

情報処理推進機構(IPA)は、3月5日に都内で「情報セキュリティエコノミクスシンポジウム2013」を開催する。

同イベントは、情報セキュリティに関連する問題を経済学、社会学、社会心理学など幅広く社会科学的な観点から分析する「情報セキュリティエコノミクス」を題材としたシンポジウム。

前半の「エコノミクスセッション」では、「企業における脅威と被害の新たなモデル」「情報セキュリティにおける被害分析結果」といった講演を予定している。

後半は「倫理・社会規範セッション」「コンプライアンスセッション」に分かれており、情報セキュリティと倫理の関連について日韓の共同調査に関する報告や、日本的経営との関連性、同機構が作成している「組織における内部不正防止ガイドライン」の取り組みなどを紹介。専門家によるパネルディスカッション行われる予定。

対象は経営者、総務人事担当者、情報セキュリティシステム担当者などで、定員は200名。参加費は無料。事前申し込みが必要で期限は3月4日。定員となり次第締め切る。

(Security NEXT - 2013/01/29 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

自治体防災メール、送信ドメイン認証「SPF」に9割対応 - 「DMARC」は1割強
関連インシデントもわかる情報リテラシー啓発資料 - ラック
「コード決済」の不正な口座紐づけ防止でガイドライン - 3月より検討
「Emotet」に感染、個人情報流出の可能性 - 群馬県社会福祉協議会
不正アクセスでスパムの踏み台に - 東松山市社会福祉協議会
要援護者登録者名簿2件が所在不明に、引継過程で - 熊本市
政府、「企業のプライバシーガバナンスガイドブック」を策定
プライバシーガバナンスガイドブックでパブコメ - 経産省
新コロ対策の助成金や補助金など装うフィッシングに警戒を
ラックと日本女子大、産学連携でセキュ教育 - 「CTF」演習も