Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

2013年度「政府CIO補佐官」の公募を開始 - 政府

政府は、内閣官房に設置した政府CIOや各府省のCIOに対し、専門的、技術的見地からの支援する「政府CIO補佐官」の公募を開始した。

今回の公募は、電子行政に関する戦略策定や情報化の推進施策の管理、国と地方公共団体の連携、人材の確保や育成などを担当する総括担当と、府省における電子行政、システムなどの調達支援、評価を行う府省庁担当の政府CIO補佐官を募集しているもの。

府省庁担当の補佐官は、情報セキュリティの向上に関する施策についても推進。最高情報セキュリティアドバイザーを兼務する場合がある。また府省庁横断的なプロジェクトなどにも取り組む。

募集人員は17名程度を予定しており、任期は4月1日から2014年3月31日まで。更新される場合もある。応募資料の提出期限は2月15日17時半必着。書類及び面接による選考を行い、採否は3月上旬に書面で通知する。また政府CIO補佐官の業務概要の説明会を1月31日に予定している。

(Security NEXT - 2013/01/24 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

米政府、ソフトウェアサプライチェーン保護のガイダンスを公開
政府委託事業の旧ドメインを第三者が取得 - 偽サイトで外部誘導
給食委託先経由で侵入された可能性 - 大阪急性期・総合医療センター
じゃらんnet装うフィッシング攻撃が発生 - 全国旅行支援を標的か
下請へのセキュ要請、問題なし - ただし優越的地位の濫用となるケースも
米政府、DDoS攻撃対策のガイダンスを公開 - 影響を考慮しつつ対策を
「サイバーセキュリティ経営ガイドライン Ver3.0」の意見募集が開始に
引き続き北朝鮮の標的となる暗号資産 - 個人法人で対策必須
まもなく「CODE BLUE」が開催、講演テーマから浮かび上がる社会的課題
米政府、中国関与のサイバー攻撃者が悪用する脆弱性のリストを公開 - 国内製品も