Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

キヤノンITS、サーバ向けESET製品を発売 - Linuxにも対応

キヤノンITソリューションズは、サーバ向けセキュリティ対策製品「ESET File Security for Linux/Windows Server」を2月1日より出荷開始する。

同製品は、サーバにおけるウイルスやスパイウェア対策を実現するマルチプラットフォームに対応したセキュリティ対策ソフト。ヒューリスティック検知機能を搭載しており、新種マルウェアなどへも対応する。

今回あらたに「Windows Server 2012 Essentials」へ対応したほか、対応プラットフォームとして「Linux」を追加しており、幅広い環境で利用できるようになった。1ライセンスの価格は2万1000円で、1年間利用することが可能。更新価格は1万500円。

(Security NEXT - 2013/01/22 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

ウェブアプリ脆弱性診断ツールにSSRF検査機能追加 - ビットフォレスト
公開情報からネット接続機器を検出、脆弱性を診断するサービス
メール受信サーバでDMARC認証結果レポートを作成できる無償サービス
ウェブエンジニア向けにセキュア開発の学習サービス - Flatt Security
IT管理ツールにマルウェア対策を追加 - ハンモック
小規模組織向けセキュリティ対策製品に新版 - カスペ
イエラエ、Orca製パブクラセキュ管理サービスを開始 - コンテナやサーバレスにも対応
イー・ガーディアン、JP-Secureを完全子会社化
CPU上の挙動でマルウェア検知、クラウド連携のSaaS型サービス
オンライン事業者向けにFIDOによる生体認証サービス - Capy