Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

定番ソフト8製品の脆弱性、1年間に528件

主要8ソフトの脆弱性が増加している。2012年は、1年間に登録された脆弱性がはじめて500件を越えた。2007年から2倍以上へ拡大している。

情報処理推進機構(IPA)が、「Internet Explorer」「Adobe Reader」「Adobe Acrobat」「Adobe Flash」「Java Runtime Environment(JRE)」「Java Development Kit(JDK)」「Firefox」「一太郎」の脆弱性に関し、脆弱性データベース「JVN iPedia」への登録状況を取りまとめたもの。

2011年は463件だったが、2012年は前年比65件増となる528件に拡大。はじめて500件台に突入した。全般的に増加傾向にあり、2007年の219件と比較すると、2.4倍に拡大している。

同機構は、機密情報や個人情報の窃取などを目的としたサイバー攻撃では、特にこうしたソフトウェアの脆弱性が狙われていると指摘。「MyJVNバージョンチェッカ」などツールを用いて最新バージョンを利用しているか確認するよう注意を呼びかけている。

(Security NEXT - 2013/01/21 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

2020年4Qのインシデントは1割減 - マルウェアサイトは倍増
2020年4Qの脆弱性届け出は303件 - ソフト、サイトともに増
2020年4Qの脆弱性登録は1423件 - 前年同期の3分の1
2020年の上場関連企業における個人情報事故 - 103件2515万人分
セキュリティ事件の認知度、1位はドコモ口座の不正出金
サイバー攻撃の被害額、8割超が100万円未満 - 日本損保協会調査
情報流出を狙った攻撃が5割超 - 脆弱性探索も
標的型攻撃のレスキュー支援、2020年上半期は45件
「TCP 445番ポート」宛てのパケットが増加傾向 - JPCERT/CC観測
2020年3Qの脆弱性登録は3082件 - 前四半期から1197件減