Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

医療機器利用者の個人情報含む書類が盗難被害 - フクダ電子子会社

医療機器の製造、販売を行うフクダ電子は、子会社で車上荒らしによる盗難被害が発生し、機器利用者の個人情報が被害に遭ったことを明らかにした。

同社子会社であるフクダライフテック南近畿の従業員が、12月19日19時ごろに大阪市内のコインパーキングで、車上荒らしに遭い、書類を鞄ごと盗まれたという。

被害に遭った書類には、129人の氏名、受診する医療機関、使用機器の型式などの情報が記載されていた。そのうち33人に関しては、住所と電話番号も含まれる。

同社では、警察へ被害を届けており、対象となる利用者および関係医療機関に対し、個別に説明と謝罪を進めている。

(Security NEXT - 2012/12/25 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

申請書を外部施設に誤ってわたすミス - 横須賀市社会福祉事業団
ランサム被害で個人情報流出の可能性、データは復元 - JA大潟村
業務用ノートPCを帰宅途中に紛失 - 加賀電子
能力測定サービスで他人の受験結果が閲覧可能に - Z会
サイバー攻撃で公式アプリ会員のメアドなど流出 - 食肉小売チェーン
特定条件で他利用者の個人情報が閲覧可能に - トレカ通販サイト
業務用ユニフォームの通信販売サイトに不正アクセス
メール誤送信で顧客のメアド流出 - 新発田市観光協会
福祉サービスの一部契約書類が所在不明に - 高知県社会福祉協議会
資格検定申込サイトへSQLi攻撃 - メアド流出の可能性