Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

フォーティネット、新機能を150以上追加した「FortiOS 5.0」を発表

フォーティネットジャパンは、同社UTM「FortiGate」シリーズ向けの最新OS「FortiOS 5.0」を発表した。

同OSでは、過去の挙動に基づいてデバイスの危険度を把握できる「クライアント・レピュテーション機能」など150以上の機能をあらたに追加。ゼロデイ攻撃を特定するマルウェア検出システムでは、挙動を検証するサンドボックスやクラウドベースのボットネットIPレピュテーションを統合した。

また端末やロケーション、用途に応じてアクセスポリシーを適用できるなどBYOD環境を支援する機能強化を盛り込んだほか、レポートや分析機能の強化している。

さらにエンドポイントに導入する「FortiClient 5.0」や、同社製品の集中管理プラットフォーム「FortiManager 5.0」、ログの記録や分析を行う「FortiAnalyzer 5.0」の機能強化を実施した。

(Security NEXT - 2012/12/05 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「FortiOS」などに認証回避の脆弱性、悪用も - すぐに侵害状況の確認を
都、都内中小企業のセキュ対策経費に助成金 - VPNも対象
セキュリティ対策に意欲ある都内中小企業に支援策 - 東京都
フォーティネット、新シリーズ「FortiGate 3000F」を発表
マルウェア減るもランサムウェアは前年から倍増
県民プール利用者情報が流出、マルウェア感染で - 和歌山県
UTMにオンサイト対応を付帯した中小企業向けサービス - CSP
中小企業向けUTMの新モデルを投入 - ウォッチガード
2025年のセキュリティサービス市場は1兆円超に - IDC予測
【特別企画】予算や人材不足の中小企業でもあきらめない! - マルウェア被害の縮小化