Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

PFU、「Java」など検疫ソフトの脆弱性検査対象アプリを拡充

PFUは、検疫ソフトの最新版「iNetSec Inspection Center V7.0L20」を提供開始した。

同ソフトは、企業が定めたセキュリティポリシーに違反する端末を検知し、企業内ネットワークへの接続を防止できる検疫ソリューション。

PCにくわえ、スマートデバイスに対応しており、OSやアプリケーションのセキュリティパッチ適用状況や、ウイルス定義ファイルの更新状況をチェックできる。

これまでWindowsやIE、Officeアプリケーションを脆弱性検査の対象としてきたが、最新版では標的型攻撃で狙われることの多い「Adobe Reader」や「Flash Player」「Java」を検査対象に追加した。また最新OSの「Windows 8」に対応した。

同社では、今後3年間に30万クライアントライセンスの出荷を目標に販売を展開する。

(Security NEXT - 2012/12/04 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

Akamai、WAFとAPI防御を統合したWAAP「App & API Protector」を発表
マルウェア対策やアクセス制御などモバイル向けソリューションを展開 - Jamf
ウェブアプリ開発プロセスでの利用を想定した脆弱性検査サービス
ユービーセキュア、攻撃対象領域の調査サービスを開始 - 設定不備や機微誤公開も
あの人気セキュリティ書籍も半額 - Amazonで9月2日までセール中
ホスト型WAFに新版、Cookie保護を強化 - JP-Secure
Linuxサーバの脆弱性可視化サービス - サイバートラスト
攻撃プランを自動生成する脆弱性評価用の模擬攻撃ツール - OSSで公開
東京商工会議所、会員向けセキュ対策でコンソーシアムを発足
VPN機器や端末などテレワーク環境のセキュリティを評価するサービス