Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

PFU、「Java」など検疫ソフトの脆弱性検査対象アプリを拡充

PFUは、検疫ソフトの最新版「iNetSec Inspection Center V7.0L20」を提供開始した。

同ソフトは、企業が定めたセキュリティポリシーに違反する端末を検知し、企業内ネットワークへの接続を防止できる検疫ソリューション。

PCにくわえ、スマートデバイスに対応しており、OSやアプリケーションのセキュリティパッチ適用状況や、ウイルス定義ファイルの更新状況をチェックできる。

これまでWindowsやIE、Officeアプリケーションを脆弱性検査の対象としてきたが、最新版では標的型攻撃で狙われることの多い「Adobe Reader」や「Flash Player」「Java」を検査対象に追加した。また最新OSの「Windows 8」に対応した。

同社では、今後3年間に30万クライアントライセンスの出荷を目標に販売を展開する。

(Security NEXT - 2012/12/04 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

複数テナント管理やSBOM読込に対応した脆弱性管理ツール
EGセキュア、クラウド型WAFサービスを提供 - CMS向け設定や国別フィルタも
ウェブアプリやクラウドの診断サービスを開始 - アシュアード
AWS向けFWマネージドサービスの国内展開を開始 - パロアルト
攻撃者視点でネットワークをテストするサービス - ユービーセキュア
ブロックチェーンの脆弱性診断サービスを提供 - ProVision
20以上の言語に対応、脅威情報の調査報告サービス
ランサムウェア「Yanluowang」の復号ツールを提供 - カスペルスキー
手動依存の脱却目指した新プラットフォーム「Cortex XSIAM」を発表 - パロアルト
IoT機器ごとにカスタマイズして提供する攻撃対策ソリューション