Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ハミングヘッズ、2012年中にSePがMac OS Xへ対応 - iOSやAndroidも対応予定

ハミングヘッズは、エンドポイント向けセキュリティソリューション「セキュリティプラットフォーム」の対応OSを拡充すると発表した。

「セキュリティプラットフォーム」はPCの操作を制限したり、暗号化やログ機能を備えたセキュリティ製品。オプションでウイルス対策を提供する「ディフェンスプラットフォーム」を用意している。

同社では、2012年中に「Mac OS X」をサポートするほか、2012年3月までに「Windows 8」へ対応する予定。スマートフォンやタブレットへの対応も表明しており、iPhoneやiPadが採用する「iOS」版について開発を進めている。またAndroidやシンクライアント端末についても今後開発を計画しているという。

(Security NEXT - 2012/12/03 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

米CISA、レッドチーム演習の可視化ツールを公開 - 意思決定など支援
CrowdStrike、「Log4j」の無料検索ツールを公開 - 複数OS向けに用意
トレンドがLog4Shell無料診断ツール - エンドポイントとウェブアプリに対応
個人用ESETに新バージョン - 上位Windows版にクラウドサンドボックス
パスワード管理製品のmacOS版をリリース - カスペ
小規模組織向けセキュリティ対策製品に新版 - カスペ
コンシューマー向けESET製品に新版 - キヤノンMJ
大規模環境に対応する制御システム向けIPS製品 - トレンド
CPU上の挙動でマルウェア検知、クラウド連携のSaaS型サービス
マルウェアの解析支援ツールを無償公開 - BlackBerry