Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「iTunes」利用者も影響を受ける「QuickTime」の脆弱性に注意 - 実証コードが公開

Appleが提供するマルチメディアソフト「QuickTime」のWindows版に含まれる脆弱性「CVE-2012-3752」の実証コードが公開されている。セキュリティ専門家も脆弱性の再現性を確認しており、アップデートを呼びかけている。

「QuickTime」は、「iTunes」を利用する際などにも必要となるマルチメディアソフト。問題の脆弱性は、同ソフトの「TeXMLファイル」における「style要素」の処理に存在しており、Windows向けに提供されている「QuickTime 7.7.2」および以前のバージョンが影響を受ける。

悪意あるファイルを読み込ませるよう細工したウェブサイトへアクセスしたり、ファイルを直接開いた場合、任意のコードを実行されるおそれがある。Appleでは、同脆弱性をはじめとする9件の脆弱性を修正するアップデート「QuickTime 7.7.3」を11月7日に公開している。

すでに実証コードが公開されており、NTTデータ先端技術では、検証システムを用いて脆弱性の再現性について調査を実施。脆弱性を用いることで外部からターゲットシステムを操作できることを確認し、最新版へのアップデートを呼びかけている。

(Security NEXT - 2012/11/28 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

監視ツール「Nagios XI」に複数脆弱性、アップデートを - PoC公開済み
「HPE iMC」に深刻な脆弱性 - CVSS値「9.8」が41件
DNSサーバ「PowerDNS Recursor」にサービス拒否の脆弱性
バックアップソフト「Macrium Reflect」に権限昇格の脆弱性
WP向けダウンロード監視プラグインに脆弱性
「Firefox 82」が登場 - 脆弱性7件に対応
「Chrome 86.0.4240.111」が公開 - 悪用済みのゼロデイ脆弱性を修正
「Java SE」のアップデートが公開、脆弱性8件を解消
Oracle、定例パッチで402件の脆弱性に対処 - CVSS基本値「9.0」以上が82件
米政府、中国関与のサイバー攻撃で利用された脆弱性25件を公表