Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

メール添付ファイルの遠隔削除にオプションで対応する「m-FILTER」最新版

デジタルアーツは、法人向けメールフィルタリングソフトの最新版「m-FILTER Ver.3.5」を発売した。

同製品は、メールの送受信制御を行う「m-FILTER MailFilter」、メールの全文保存と検索を可能にする「m-FILTER Archive」、スパム対策を提供する「m-FILTER Anti-Spam」の3機能を搭載したメールフィルタリングソフト。

最新版では、送信後に遠隔削除を可能にするファイル追跡サービス「FinalCode」の簡易機能版「FinalCode Express」を有償オプションとして提供。送信時に添付ファイルを開封できる受信者を指定して暗号化することが可能。閲覧履歴や送信後のリモート削除に対応している。

「Exchange Server」のジャーナル機能に対応。ジャーナルデータを社内間メールとして保存できるようになった。またスパム検知精度についても強化を図ったという。

(Security NEXT - 2012/11/21 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「Acronis True Image 2021」が登場 - 上位版にマルウェア対策機能
一般企業向けに「MS 365」のメールセキュ対策を展開 - Vade Secure
文教向けにMDMとフィルタリングのパッケージ - ハンモック
デジタルアーツの「m-FILTER」新版、送信ドメイン認証に対応
クラウド版「GUARDIANWALL Mail」を投入 - キヤノンMJ
フィルタリング製品に新版、安全性未確認URLへのPW送信を遮断
防塵防滴仕様のアプライアンスを投入 - ウォッチガード
クラウド型ウェブゲートウェイにログ分析オプション
ウェブフィルタリングソフトにアイソレーション機能 - ALSI
「ウイルスバスター」に新版 - リスト非依存の不正サイト判別機能を追加