Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

PC版LINEで障害、メッセージ混線で第三者の会話が表示 - 現在は復旧

NHN Japanが提供している無料の通話、チャットアプリ「LINE」のパソコン版で、10月31日19時ごろ、メッセージが混線する障害が発生した。すでに修復は終えているという。

同社がブログで明らかにしたもので、10月31日19時ごろ、パソコン向けに提供しているLINEで、数分間にわたりメッセージの混線が発生。一部ユーザーで混線したメッセージが、送信者不明のメッセージとしてランダムに表示される状況に陥ったという。

同社では問題を受け、一時的にPC版LINEで強制ログアウトを実施。修正作業を実施した。送信者不明となったメッセージを削除し、現在は問題なく利用できるという。

(Security NEXT - 2012/11/01 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

男性向けファッション通販サイトに不正アクセス
LINEにPWリスト攻撃 - 2段階認証未適用の問合フォームが標的に
プライバシーポリシーを刷新、マンガでもアピール - LINE
新型コロナ拡大防止協力金申請者情報が流出 - 神奈川県
キャンペーン登録者の個人情報が閲覧できる状態に - カゴメ
フィッシング報告、2カ月連続で3万件超 - URL件数も高水準
「Xmasプレゼント」の偽キャンペーンに注意 - 知人のSNS投稿にも警戒を
アクセス集中で不具合、会員情報が流出 - サッポロビール
「EXILE TRIBE」の公式通販サイトでクレカ情報流出 - 一部不正利用も
エッジ管理製品「HPE EIM」に深刻な脆弱性 - 早急に対応を