Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

PC版LINEで障害、メッセージ混線で第三者の会話が表示 - 現在は復旧

NHN Japanが提供している無料の通話、チャットアプリ「LINE」のパソコン版で、10月31日19時ごろ、メッセージが混線する障害が発生した。すでに修復は終えているという。

同社がブログで明らかにしたもので、10月31日19時ごろ、パソコン向けに提供しているLINEで、数分間にわたりメッセージの混線が発生。一部ユーザーで混線したメッセージが、送信者不明のメッセージとしてランダムに表示される状況に陥ったという。

同社では問題を受け、一時的にPC版LINEで強制ログアウトを実施。修正作業を実施した。送信者不明となったメッセージを削除し、現在は問題なく利用できるという。

(Security NEXT - 2012/11/01 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

教育関連書籍やグッズ扱う通販サイトに不正アクセス
衰え見せぬフィッシング攻撃 - 報告、URLともに最多記録を更新
脆弱性調査で個人情報が外部サービスに残存 - LINE
連携決済サービスの出金被害、109件約1811万円 - ゆうちょ銀
LINE利用者のパスワード約7.4万件が特定 - ログイン連携サービスにPWリスト攻撃
2要素認証未対応決済サービスへのチャージを停止 - ゆうちょ銀行
連携決済サービス12社のうち6社で被害 - ゆうちょ銀
フィッシング報告、2万件の大台突破 - 上位4ブランドで9割超
LINEでURLの危険度を判定する無償サービス - トレンド
ボットアクセスやPWリスト攻撃を遮断するMSS - F5