Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

富士通ST、機能を強化した情報漏洩対策ソフト「Portshutter Premium」

富士通ソフトウェアテクノロジーズは、情報漏洩対策ソフトウェアの最新版「Portshutter Premium V1.0」を提供開始した。10月より法人向けパソコンへバンドルし、2013年1月から一般向けに提供する。

「Portshutter」シリーズは、パソコンに搭載されているドライブや拡張スロット、USBをはじめとするインタフェースの利用を制限し、情報漏洩リスクを低減するソフトウェア。特定のデバイスのみ許可することもできる。

今回発売した「Portshutter Premium」では、従来の機能に加え、あらかじめ登録したネットワーク以外へのアクセスを制限できるほか、「Bluetooth」による接続を無効化することが可能。

また「Portshutter Premium集中管理オプション」を2013年1月より提供する予定で、同オプションにより複数の端末における設定を集中管理することができる。

同社では、10月より富士通の法人向けパソコンへバンドルするほか、2013年1月より一般に販売を開始し、2013年度末までに100万ライセンスを出荷する予定。

(Security NEXT - 2012/10/29 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「CloudGuard」にウェブアプリやAPI保護機能を追加 - チェック・ポイント
クラウドの設定ミスをチェックするサービス - エルテス
カスペ、APT攻撃や制御システムの脅威情報サービス - 個別調査も対応
ウェブアプリ脆弱性診断ツールにSSRF検査機能追加 - ビットフォレスト
機械学習活用したクラウド型DLPサービス - パロアルト
eスポーツ主催者向けに保険、サイバー攻撃にも対応 - 東京海上日動
テレワーク環境のセキュ対策診断サービス - IIJ
テレワーク環境向けセキュリティ診断サービスを提供 - DNPら
外部委託先のサイバーリスクを診断するサービス - GRCS
MS&ADとベライゾン、中小企業向けにリスク診断サービス