Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

日立ソリューションズ、Java開発支援ツールにAndroidオプション

日立ソリューションズは、集中型Javaコード診断ツール「anyWarp CodeDirector」のAndroid向け機能を強化する「anyWarp CodeDirector Android オプション」を発売した。

「anyWarp CodeDirector」は、Java開発のコーディングルール違反をプロジェクトで定めた標準化ルールに従って組織的にチェックし、ソフトウェアの品質管理を実現する製品。

同オプションでは、Googleが公開しているAndroidアプリケーション開発用ガイドラインに従っているか診断したり、性能低下の恐れがある演算を検出するなど、Android特有のルールをもとに、非効率なコードを指摘。Androidアプリケーション開発を効率化を支援する。

価格は、10ユーザーライセンスの「anyWarp CodeDirector」が105万円から。「anyWarp CodeDirector Androidオプション」は21万円。

(Security NEXT - 2012/10/18 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

小規模組織向けセキュリティ対策製品に新版 - カスペ
CPU上の挙動でマルウェア検知、クラウド連携のSaaS型サービス
オンライン事業者向けにFIDOによる生体認証サービス - Capy
「ウイルスバスター」新版、モバイル版で詐欺対策を強化
パスワード管理アプリに情報流出監視機能 - トレンド
コンシューマー向けパスワード管理製品を発売 - カスペ
クラウドで管理するソフトウェアVPNサービス - DNP
スマートデバイス向けEDRをリリース - サイバーリーズン
PW管理製品に新製品、流出状況のチェック機能 - エフセキュア
「タチコマ」コラボのAndroid向けセキュリティアプリ - NICTが実証実験