Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

国産プロキシ「D-SPA」のフィルタリングオプションに標的型攻撃対策カテゴリを追加

デジタルアーツは、プロキシアプライアンス製品「D-SPA」のオプションサービスをバージョンアップし、標的型攻撃対策機能を強化した。

「D-SPA」は、同社が開発したプロキシアプライアンス製品。組織内LANとのゲートウェイに設置し、ウェブアクセスの管理、効率化にくわえ、ウェブフィルタリング、ウイルス対策のプラットフォームとして機能する。

今回、同製品のオプション「i-FILTER for D-SPA」をバージョンアップしたもので、フィルタリングカテゴリに「脅威情報サイト」を追加。マルウェアの配布元情報や感染した端末の誘導先となるウェブサイトへの接続を遮断する。

またすでに提供しているSSL通信デコードオプションの「SSL Adapter for D-SPA」との連携により、接続先がHTTPSサイトの場合にも対応する。さらにウイルススキャン連携オプション「AV Adapter for D-SPA」の併用にも対応した。

今後同社では、同製品の新機能として、冗長化構成におけるホットスタンバイ機能や透過プロキシの設定機能の拡充を予定している。

(Security NEXT - 2012/10/16 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

サイバー攻撃可視化プラットフォーム「NIRVANA改」がIPv6対応
ヤマハ、SMB向けUTMを発売 - 遠隔サポートで設定変更やログ確認なども対応
フィッシング詐欺やスパイウェアに対応 - Norton最新シリーズ
ライムライト、CDNサービスによるコンテンツ保護サービスに新機能
ウェブゲートウェイサービスの不正サイト遮断機能を強化 - IIJ
「Acronis True Image 2021」が登場 - 上位版にマルウェア対策機能
一般企業向けに「MS 365」のメールセキュ対策を展開 - Vade Secure
文教向けにMDMとフィルタリングのパッケージ - ハンモック
デジタルアーツの「m-FILTER」新版、送信ドメイン認証に対応
クラウド版「GUARDIANWALL Mail」を投入 - キヤノンMJ