Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

政府、「情報セキュリティ国際キャンペーン」を推進 - 加害者にならぬよう対策呼びかけ

政府は、10月に「情報セキュリティ国際キャンペーン」を展開し、国際連携を活用した行事や情報セキュリティ対策の情報提供に注力する。

すでに政府では、2月を「情報セキュリティ月間」に定め、情報セキュリティの啓発などを広く訴えているが、ウイルスや情報漏洩など日常の脅威となっていることや国境を越えた国際連携が重要であるとして、今回のキャンペーン実施を決めた。

藤村修内閣官房長官は、セキュリティ対策を怠った場合、みずから被害を受けるだけでなく、他人へ知らないうちに害を与えると危険性を指摘。

従来から掲げている情報セキュリティ対策3か条「個人情報等の重要な情報の扱いは慎重に」「パソコンなどはつねに最新のセキュリティ状態に」「不審なサイトやメールにアクセスしない」について一層推進するよう呼びかけている。

(Security NEXT - 2012/10/03 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

緊急事態宣言の再発令に早くも便乗、「特別定額給付金」フィッシングに注意
対象地域拡大する緊急事態宣言、テレワーク実施時はセキュ対策徹底を
「特別定額給付金」フィッシング、実際に誘導されるケースも
米NSA、脆弱なTLS構成の利用排除を要請
「Lazarus」が新コロ研究情報を物色 - 政府や製薬企業に攻撃
コロナ禍ではじめて迎える冬期長期休暇 - あらためてセキュ対策の確認を
NISC、「SolarWinds Orion Platform」の脆弱性で注意喚起
米連邦政府機関に「SolarWinds Orion」製品の遮断命令
SolarWindsのIT管理製品がAPT攻撃の標的に - 巧妙な隠蔽も
アクセス制御技術の研究開発情報を募集 - 政府