Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

政府、「情報セキュリティ国際キャンペーン」を推進 - 加害者にならぬよう対策呼びかけ

政府は、10月に「情報セキュリティ国際キャンペーン」を展開し、国際連携を活用した行事や情報セキュリティ対策の情報提供に注力する。

すでに政府では、2月を「情報セキュリティ月間」に定め、情報セキュリティの啓発などを広く訴えているが、ウイルスや情報漏洩など日常の脅威となっていることや国境を越えた国際連携が重要であるとして、今回のキャンペーン実施を決めた。

藤村修内閣官房長官は、セキュリティ対策を怠った場合、みずから被害を受けるだけでなく、他人へ知らないうちに害を与えると危険性を指摘。

従来から掲げている情報セキュリティ対策3か条「個人情報等の重要な情報の扱いは慎重に」「パソコンなどはつねに最新のセキュリティ状態に」「不審なサイトやメールにアクセスしない」について一層推進するよう呼びかけている。

(Security NEXT - 2012/10/03 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

MTAの「Exim」に21件の脆弱性 - 最新版へ更新を
政府、約8年ぶりにIT-BCPガイドラインを改訂 - 新型コロナ踏まえた内容も
政府、行政機関のLINE利用でガイドライン
政府18機関でLINEを業務利用 - 11機関で機密情報も
VPN製品「Pulse Connect Secure」にアップデート - ゼロデイ脆弱性など修正
2021年1Qの標的型攻撃メール報告は13件 - 「Emotet」関連報告は収束へ
総務省、「スマートシティセキュリティGL」改定案を公開 - 意見を募集
緊急事態宣言発令で「情報セキュリティEXPO 春」が開催延期 - ビッグサイト使用禁止で
「Pulse Connect Secure」のゼロデイ攻撃に中国支援組織が関与か - FireEye指摘
ランサムウェア「Cring」、脆弱VPN機器を標的 - 制御システムが停止する被害も