Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

JBAT、ウェブアクセス制御を実現する「DS Web Access」を発売

JBアドバンスト・テクノロジーは、ウェブアクセスの効率化や一元管理を実現する「DS Web Access」を9月より提供する。

同製品は、高速キャッシュを備えたウェブプロクシ製品。ソフトウェアのインストールを必要としないアプライアンス製品で、ウェブアクセスを一元管理でき、可視化や制御、回線の効率化を実現する。

URLデータベースにより、カテゴリごとのフィルタリングや、ウィルススキャンとの連携、SSLデコード機能などオプションを用意している。

価格はオープンプライス。JBCCを中心としたJBグループで販売し、発売後1年間に50台を販売する予定。

(Security NEXT - 2012/09/13 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

FWルールを自動生成する産業制御システム向けルータ - フエニックス
ログ監視やデバイス制御のクラウドサービス
損ジャと日立ソ、IoTセキュリティ分野で協業
NAC製品「iNetSec SF」の機能を強化、クラウド版も - PFU
組込機器向けセキュリティ製品に新版 - カスペルスキー
セキュ対策などテレワークに必要な機能のパッケージ
ブロックチェーンでIoT機器の真正性を確保 - NEC
エンドポイント対策製品「Apex One」にSaaS版 - トレンド
フィルタリング製品に新版、安全性未確認URLへのPW送信を遮断
サイバーフィジカルシステムの脅威情報サービス - FireEye