Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

テリロジー、標的型攻撃のマルウェア対策に特化したクラウドサービス

テリロジーは、標的型攻撃対策に特化した米Lastlineのクラウドサービスを提供開始する。国内のほか、香港やシンガポール市場に向けてもサービスを展開する。

同サービスは、マルウェアの挙動や、同社によるウェブサイトのクローリング、パートナーから提供された情報などをもとに、マルウェアをクラウド上の解析エンジンで解析し、情報流出を防御するクラウド型サービス。

標的型攻撃を行うマルウェアに特化しており、システムコールだけではなく、マルウェアが実行するすべての命令を監視し、可視化や分析を行うことが可能。ユーザーは、ネットワークに無償のセンサーソフト「Previct」をインストールするだけで利用することが可能で、ネットワーク構成などを変更せずに外部への通信をブロックできる。

年間利用料は、210万円から。同社は、企業やマネージドセキュリティサービス事業者向けにサービスを展開し、3年間で200件の契約を見込んでいる。

(Security NEXT - 2012/09/13 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

既存サービスを「Emotet」対策として提供 - BBSec
サイバー保険を付帯した標的型攻撃メール訓練をOEM供給
JPCERT/CC、ログ解析の訓練コンテンツを公開 - 痕跡発見のコツも
休校措置でネット利用増の教育機関にセキュ学習を無償提供
100以上の項目で標的型攻撃対策を評価する診断サービス
偽メール対策製品の対応プラットフォームを拡大 - Darktrace
ESETの脅威情報サービスを提供 - キヤノンMJ
国内着弾標的型攻撃の解析情報をYARAルールで - マクニカネット
TwoFive、ログの機械学習による脅威検知製品 - アナリスト解析を再学習
アプライアンス「iNetSec SF」にワーム対策機能を追加 - PFU