Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

iOS向け「i-FILTER」最新版を発売 - ユーザー情報やブックマークの管理が容易に

デジタルアーツは、ウェブフィルタリングサービス「i-FILTER ブラウザー for iOS」の最新版となる「同Ver1.1」を提供開始した。

同サービスは、iOSを搭載したiPhoneやiPadに対応するクラウド型のウェブフィルタリングサービス。閲覧サイトのフィルタリングのほか、インターネットの利用制限や書き込み制限、購入ページ制限、利用状況のレポートなどを提供する。

最新版では、フィルタリングのカテゴリ分類を92に強化し、柔軟なポリシー設定が可能になった。ユーザー情報の一括インポート機能や、ブックマークの一括配信を搭載することにより、管理者の負担を軽減している。

(Security NEXT - 2012/09/12 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「Acronis True Image 2021」が登場 - 上位版にマルウェア対策機能
一般企業向けに「MS 365」のメールセキュ対策を展開 - Vade Secure
文教向けにMDMとフィルタリングのパッケージ - ハンモック
デジタルアーツの「m-FILTER」新版、送信ドメイン認証に対応
クラウド版「GUARDIANWALL Mail」を投入 - キヤノンMJ
フィルタリング製品に新版、安全性未確認URLへのPW送信を遮断
防塵防滴仕様のアプライアンスを投入 - ウォッチガード
クラウド型ウェブゲートウェイにログ分析オプション
ウェブフィルタリングソフトにアイソレーション機能 - ALSI
「ウイルスバスター」に新版 - リスト非依存の不正サイト判別機能を追加