Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「Adobe Flash Player」が再びアップデート - 前回公開からわずか7日

Adobe Systemsは、「Adobe Flash Player」のセキュリティアップデートを公開した。前回8月14日にPC向けへ公開したアップデートとは別のプログラムで、非常に短いサイクルで修正が行われた。

8月14日に標的型攻撃で悪用されている「CVE-2012-1535」を修正したが、今回のアップデートは、別の脆弱性6件に対応したもの。脆弱性が悪用されるとアプリケーションがクラッシュし、リモートでコードを実行される可能性がある。

これら脆弱性は、WindowsやMac OS X、Linux向けに提供している「Adobe Flash Player 11.3.300.271」に含まれており、以前のバージョンも影響を受ける。

また今回の脆弱性は、Android版の「同11.1.115.11」および「同11.1.111.10」や以前のバージョン、「Adobe AIR」についても脆弱性が含まれるとして、修正を行った。

適用優先度は、Windows向けのアップデートが3段階中もっとも高い「1」にレーティングされており、攻撃の発生が懸念されている。またMac OS Xについても、30日以内に悪用コードが発生する可能性がある「2」に設定。そのほかのプラットフォームについては優先度「3」としている。

(Security NEXT - 2012/08/22 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「Adobe Media Encoder」に3件の脆弱性 - アップデートが公開
脆弱性「Zerologon」でドメイン管理者権限奪取のおそれ - 詳細明らかに
MobileIronのMDM関連脆弱性、PoCリリースでリスク上昇
8月修正「Windows Server」の脆弱性狙う悪用コードが公開 - 米政府警告
脆弱なファイル管理用WPプラグインを狙う攻撃を国内で観測
「TLS 1.2」以前に「Raccoon Attack」のおそれ - OpenSSL、F5などが対処
「Office 2010」のサポート終了まで1カ月 - 「Office 2016 for Mac」も
「GnuTLS」にサービス拒否の脆弱性 - アップデートが公開
「Bluetooth」に脆弱性「BLURtooth」が判明 - 認証キー上書きのおそれ
「Adobe Experience Manager」に複数の深刻な脆弱性