Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

富士ゼロックス、IT機器の監視運用を支援する中小企業向けサービスを提供

富士ゼロックスは、IT機器の監視サービス「IT監視運用サービス SaaSモデル」を、8月16日より中小企業向けに提供開始する。

同サービスは、リモートから企業内のサーバやネットワーク機器を監視するサービス。監視エージェントを搭載したサーバを顧客企業の環境に設置し、機器の稼動状況を24時間体制で監視。障害発生時に管理者へメールで通知する。

オプションのオンサイトパックにより、全国320カ所に配置された同社のサービス拠点からエンジニアを派遣するなどのバックアップ体制を用意した。障害検知から障害の切り分け、ソフトウェア環境の再設定までワンストップでサポートする。

価格は、初期登録費用が3万1500円。基本サービスが月額3万1500円。

(Security NEXT - 2012/08/09 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

富士通とトレンド、コネクテッドカーのセキュリティ対策で協業
顔認証によるショルダーハッキング対策製品、マスク着用に対応
セキュリティ運用サービスをリニューアル、EDRのログ監視に対応 - セキュアヴェイル
クロスポイントとサイバーリーズン、EDRを活用したSOCサービス
脅威情報を活用してC&C通信を検知するSaaS型サービス
ラックとMIND、「マネージドEDRサービス」の提供で協業
脆弱性管理に対応した監視仮想アプライアンス
「Azure Defender for IoT」のリモート監視サービスを提供 - 東芝ITサービス
ドコモ、個人情報の流出モニタリングサービス
ゲーマー向け「ノートン」が発売 - ゲーム用にCPU処理能力を確保する新機能