Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

富士ゼロックス、IT機器の監視運用を支援する中小企業向けサービスを提供

富士ゼロックスは、IT機器の監視サービス「IT監視運用サービス SaaSモデル」を、8月16日より中小企業向けに提供開始する。

同サービスは、リモートから企業内のサーバやネットワーク機器を監視するサービス。監視エージェントを搭載したサーバを顧客企業の環境に設置し、機器の稼動状況を24時間体制で監視。障害発生時に管理者へメールで通知する。

オプションのオンサイトパックにより、全国320カ所に配置された同社のサービス拠点からエンジニアを派遣するなどのバックアップ体制を用意した。障害検知から障害の切り分け、ソフトウェア環境の再設定までワンストップでサポートする。

価格は、初期登録費用が3万1500円。基本サービスが月額3万1500円。

(Security NEXT - 2012/08/09 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

複数テナント管理やSBOM読込に対応した脆弱性管理ツール
ロジテックがフォレンジックサービスに参入 - メーカーや機器問わず対応
「MIRACLE ZBX」に新版、セキュリティ面を強化
顔認証によるショルダーハッキング対策製品、マスク着用に対応
セキュリティ監視やヘルプデスクの運用サービス - SCSKサービスウェア
侵害リスクの高い機器を特定するサービスを提供 - デロイトトーマツ
UTMにオンサイト対応を付帯した中小企業向けサービス - CSP
イー・ガーディアンと日本サイバーディフェンスが業務提携
中小企業向け「サイバーセキュリティお助け隊サービス」に新サイト
中小企業向けUTMの新モデルを投入 - ウォッチガード