Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

Android版「LINE」に情報漏洩の脆弱性 - 強制アップデートで修正

NHN Japanが提供するAndroid向けアプリ「LINE」に情報漏洩の脆弱性が発見された。すでにアップデートの自動配信が行われている。

同製品は、チャットや通話機能を備えたAndroid用のSNSアプリ。今回明らかになった脆弱性「CVE-2012-4005」が悪用されると、同アプリ経由で送信したメッセージが不正なAndroidアプリ経由で漏洩する可能性がある。実際に脆弱性が悪用されたとの報告はないという。

影響を受けるのは、「LINE 2.5.4」および以前のバージョン。今回の脆弱性に対してNHN Japanでは強制アップデートを実施。使用時にシステム側で自動的にアップデートを適用するため、手動による操作は不要となっている。

同脆弱性は、三井物産セキュアディレクションの望月岳氏が情報処理推進機構(IPA)へ報告。JPCERTコーディネーションセンターがNHN Japanとの調整を行った。

(Security NEXT - 2012/08/07 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

Android向け「AWS SDK」に脆弱性 - アップデートを
「Zoom Rooms」のクライアントに複数脆弱性 - アップデートで修正
「LINE」のKeep機能に不具合 - 特定条件下で別アカウントより閲覧可能に
「Sophos Mobile」のオンプレミス版に深刻な脆弱性
ビデオ会議「Zoom」に脆弱性 - セッション乗っ取りのおそれ
「WhatsApp」に深刻な脆弱性 - ビデオ通話でコード実行のおそれ
米政府の悪用済み脆弱性リスト、あらたに12件を追加
Zoomに深刻な脆弱性、悪意ある会議URL開くと攻撃受けるおそれも
「UnRAR」の既知脆弱性、悪用リスクが高まる
動画配信サービス「Hulu」のアプリに脆弱性