Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ブルーコート、無許可のモバイルアプリ実行を制限する新機能をリリース

ブルーコートシステムズは、企業ネットワーク上のモバイル端末を一元管理し、モバイルアプリの利用を制御する「モバイルアプリケーションコントロール」を発表した。

同機能は、ウェブアプリケーションの制御をモバイルアプリに拡張したもので、企業ネットワーク上の端末の挙動を監視してポリシーを適用し、モバイルアプリの制御を実現する。

利用を禁止するだけでなく、「Twitter」などの場合は書き込みのみ禁止し、閲覧を許可するといった運用が可能。対応するアプリケーションおよび各種コントロールを毎月アップデートする。

「Blue Coat ProxySG」のサポート契約中でウェブフィルタを利用しているユーザーは、追加料金なしで利用できる。

(Security NEXT - 2012/08/01 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

パロアルト、「Prisma Access」の新版を提供開始
SB、スミッシング対策を無償提供 - アルファベット発信元の拒否にも対応
「WarpDrive」が再始動 - 「タチコマSA」がChrome拡張機能に
スマホ向けにトラブル補償付きセキュリティパック - ソフトバンク
不正端末利用を防ぐ「eSIM」を開発 - NTTコムとトレンド
マルウェア対策やアクセス制御などモバイル向けソリューションを展開 - Jamf
「ウイルスバスター」新版、モバイル版で詐欺対策を強化
ユーザー起点のプライバシー対応を支援 - PwCコンサルティング
GRCプラットフォームの新版を提供 - デルテクノロジーズ
SMS認証に入力画面の判別機能 - PayPay