Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

シマンテック、DDoS攻撃に特化した新種ボット「Zemra」を確認

シマンテックは、企業に対するDDoS攻撃を仕掛けるボット「Zemra」を確認したことを明らかにした。

同社によれば、問題のボットは、攻撃手法は「DDoS攻撃」とシンプルで「HTTPフラッド」「SYNフラッド」に対応しており、恐喝目的に利用されているという。5月ごろより闇市場に出回り、100ユーロで取引されている。

外部コマンド&コントロールサーバにインタフェースを用意されており、感染数やボット数を確認することが可能。通信も暗号化されていた。

さらに自身のアップデートや削除機能のほか、ダウンロードしたバイナリファイルの実行機能、デバイスの監視、スケジュール設定、USB経由の感染など充実した機能を備えるという。

シマンテックでは、同マルウェアを「Backdoor.Zemra」として検知するよう対応。インターネット利用者に注意を注意を呼びかけている。

(Security NEXT - 2012/06/29 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

数十以上の金融機関にDDoS攻撃か - ダークネットで応答パケット観測
「Docker API」狙う攻撃に注意 - 9月ごろより増加
前月比1.5倍のDDoS攻撃を観測 - IIJ
9月のDDoS攻撃、前月比約1割増 - 攻撃の規模や継続時間は縮小
米政府、イランによるサイバー攻撃の警戒呼びかけ - 大統領選が標的に
2020年3Qのインシデント、前四半期比約1.2倍に - 探索行為やサイト改ざんが増加
約4割でインシデント被害、対応費用は約1.5億円 - 4.4%が「Emotet」経験
8月のDDoS攻撃、件数は低水準だが長時間にわたる攻撃も - IIJ報告
政府の脆弱IoT機器調査「NOTICE」、2月20日から - イメージキャラクターにカンニング竹山さん
2020年2Q、「Portmap」悪用のリフレクション攻撃が増加