Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

健康診断受診者や臨時職員の個人情報含むUSBメモリを紛失 - 横須賀市

神奈川県横須賀市の保健所健康づくり課健診センターにおいて、市民健診受診者824人および臨時職員45人の個人情報含むUSBメモリの紛失が発生した。

紛失したUSBメモリには、受診者824人の氏名、生年月日、性別、健診依頼項目などが記録されていた。また、臨時職員45人の氏名、住所、電話番号、生年月日も同じメモリ内に保存されており、そのうち4人については賃金の振込口座情報も含まれるという。

6月7日、同センターの職員が紛失に気付き、全職員でセンター内の捜索を行ったが発見できなかった。対象となる受診者および職員には、順次報告と謝罪を進めるとしている。

(Security NEXT - 2012/06/25 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

業務用ユニフォームの通信販売サイトに不正アクセス
不正アクセスでECサイト会員のメアドが流出 - 文具画材店
古着通販サイトに不正アクセス - 警察からの連絡契機に改ざん発見
美容品販売サイトでクレカ情報流出か - 不正利用の可能性
資格検定申込サイトへSQLi攻撃 - メアド流出の可能性
事業者向けDIY通販サイトに不正アクセス - サービス開始から約2週間で被害
アニメ制作会社ショップに不正アクセス - 顧客情報が流出
スニーカー通販サイト、顧客情報流出の可能性 - リニューアル前の被害が判明
経産省、メタップスPに行政処分 - 診断で脆弱性見つかるも報告書改ざん
ひな人形の通販サイト、クレカ含む個人情報が流出した可能性