Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

マルウェアをホストするサイトの前月から大幅増 - シマンテックレポート

シマンテックは、5月におけるウイルスやスパムの検知状況について取りまとめた。悪質なウェブサイトの増加が目立っている。

5月に同社では、マルウェアやスパイウェア、アドウェアなどをホストするウェブサイトを、1日あたり4359件検知し、前月比47.8ポイント増を記録した。

ウイルスに感染させることを目的としたメールの割合は0.27%で、前月比0.03%の減少。365.1通に1通の割合で送信されている。そのうち、不正サイトへのリンクを含むメールは26.2%で、前月より16.9ポイント増加した。

メール感染型のマルウェアでは、全体の11.6%にのぼる「Suspicious.JIT.a」が最多。自身を変化させてセキュリティ対策ソフトの検知を回避するポリモーフィック型マルウェアが多く送信されており18.4%にのぼっている。マルウェアが添付されたスパムの一時的な増加も繰り返し発生しており、これらの多くは「Bredolab」などポリモーフィック型マルウェアが添付されていた。

スパムメールの割合は全流通メールの67.8%で、前月より3.3ポイント増加した。悪質な添付ファイルやリンクを含むスパムは、4月末から増加する傾向にあるという。フィッシングメールの割合は0.18%で、前月から0.03ポイント減少している。

国内の状況は、ウイルス感染メールは2036通に1通、フィッシングメールは5525通に1通と、世界平均と比較して低い水準となっている。スパムの割合は64.5%となっている。

(Security NEXT - 2012/06/19 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

新コロ便乗、2Qに急増 - 不正サイト誘導14.6倍に
クラウドセキュリティ市場、高成長を予測 - IDC Japan
新型コロナ便乗サイバー攻撃、3カ月で40倍
マルウェア遭遇リスク、日本は世界で下から8番目
2020年2Qインシデント、前四半期比1.3倍 - フィッシングなど増加
マルウェアとの遭遇率、3年で約半分に - MS調査
標的型攻撃のレスキュー支援、2019年度は139件
人気エンタメ作品に危険サイトが便乗 - 「無料」で誘惑
進むスマホのセキュ対策 - ただしOS更新率などは低調
狙われるZyxel製ネットワーク管理製品の脆弱性 - ボットネットも標的に