Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

Android端末から検出したマルウェアの6割は「Andr/PJApps-C」 - ソフォスまとめ

ソフォスは、同社が無料で提供しているAndroid用セキュリティ対策ソフト「Sophos Mobile Security for Android」で検出したマルウェアの状況を取りまとめた。

120618sp_01.jpg
6割を占めた「Andr/PJApps-C」(グラフ:ソフォス)

最多だったのは、63.4%を占めた「Andr/PJApps-C」。2位以下に54.6ポイントの差を付けており突出している。必ずしも不正アプリではないが、大半が有償アプリを改良した不正アプリだという。

次の多かったのは、特権の昇格をもたらすマルウェア「Andr/BBridge-A(8.8%)」。アクセス権のないユーザーにアクセス権を与え、悪意あるアプリをインストールするほか、窃取したID情報やSMSなど外部サーバに送信する。

3位以下は、「Andr/Generic-S(6.1%)」「Andr/BatteryD-A(4%)」「Andr/DrSheep-A(2.6%)」が続いた。

Androidで検出されたマルウェアトップ5

1位:Andr/PJApps-C
2位:Andr/BBridge-A
3位:Andr/Generic-S
4位:Andr/BatteryD-A
5位:Andr/DrSheep-A

(Security NEXT - 2012/06/18 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

脆弱性攻撃の8割超が「Office」狙い - いまだFlash狙いの攻撃も
5月に勢い増した「Emotet」 - 海外にくらべて高い国内検知率
不正送金マルウェアの検知数が大きく減少
JIPDECとフィ対協、メーラーの「S/MIME」対応状況を調査
2Qの「JVN iPedia」登録は2735件 - 前期の1.6倍に
2021年1Qの「JVN iPedia」登録は1701件 - 「XSS」が170件で最多
悪意あるファイル5%増、URLは6割減 - カスペ調査
2020年3Qの脆弱性登録は3082件 - 前四半期から1197件減
2020年2Qの脆弱性登録は4279件 - EOLの「Win 7」は166件
国内モバイル端末狙う攻撃が活発化 - 背景に「Roaming Mantis」