Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

顧客情報記載の書類を一時紛失、拾得者からの連絡で判明 - NTT東

NTT東日本は、顧客情報271件が記載された書類を、従業員が紛失していたことを明らかにした。拾得者からの連絡で判明したもので、すでに書類は回収済みだという。

山梨支店において、従業員が6月7日に顧客宅を訪問した際、持参した書類を紛失したもの。個人顧客103件や法人顧客168件の氏名または会社名、住所、電話番号などが記載されていた。

紛失した当日に拾得者から連絡があり問題が判明。拾得者からの届けや同社による探索で書類を回収したという。不正利用などは確認されていない。同社では関係者に対して謝罪を行っている。

(Security NEXT - 2012/06/18 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

脆弱性調査で個人情報が外部サービスに残存 - LINE
国勢調査の調査員が個人情報含むメモを一時紛失 - 江戸川区
VPNアカウント流出、内部侵入は否定 - 平田機工
連番URLで他顧客情報が容易に閲覧可能 - 大東建託
コインチェックのドメイン管理に不正アクセス - 改ざんで顧客メール窃取か
コインチェック、情報流出懸念の対象件数を修正 - 送金サービスを再開
加入者情報が流出、海外サイトに記載 - 全国土木施工管理技士会連合会
農村地域生活アドバイザー関連書類を一時紛失、関係者宅で見つかる - 新潟県
県立校で指導要録などを誤って裁断 - 神奈川県
「SODプライム」不具合、最大6万8898人に影響 - 最大5000円の補償方針