Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「Ustream」に一時不正な広告 - マルウェアへ誘導

動画配信サイト「Ustream」に、一時マルウェアへ誘導する不正な広告が表示されていたことがわかった。

6月11日に同サイト上のリンク経由でドライブバイダウンロード攻撃が行われていることをGoogleが把握。アクセスすると危害を与える可能性があるとして、検索結果でアクセスしようとするユーザーに対して警告を表示し、注意喚起を実施した。

利用者から報告を受けたUstreamでは問題を調査。同社が配信するコンテンツ自体にマルウェアは含まれていなかったが、サードパーティの広告が原因であることが判明したという。

同社では、問題ある広告配信会社を削除。Googleのマルウェア対策チームに通知し、その後警告表示は解除されている。

(Security NEXT - 2012/06/15 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「パープルチーム」によるコンサルにも対応したペネトレサービス
「Emotet」に感染、個人情報流出の可能性 - 群馬県社会福祉協議会
総務省、「NOTICE」調査を拡大 - 試行パスワードを約600種類に
政府の脆弱IoT機器調査「NOTICE」、2月20日から - イメージキャラクターにカンニング竹山さん
「Emotet」感染で大量のなりすましメールが送信 - 理研香料
「Emotet」に感染、なりすましメールが送信 - 岩出建設
日本医師会で「Emotet」感染 - 「なりすましメール」出回る
新コロ便乗、2Qに急増 - 不正サイト誘導14.6倍に
マルウェアに感染でなりすましメール - 浄水器販売会社
トレンドマイクロをかたる偽メールに注意 - Emotetを添付