Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

エス・アンド・アイ、スマホ紛失時に利用者自身がデータ消去できるサービスを提供

エス・アンド・アイは、スマートデバイスのデータ消去を利用者自身が遠隔から実行できるサービス「sactto!リモートワイプ」を、7月1日より提供開始する。

「sactto!リモートワイプ」は、スマートフォンやタブレット端末の紛失や盗難時に、端末内のデータ消去や回線停止などをリモートから実行できるサービス。利用者がリモートワイプ実行の専用番号に電話をかけ、ユーザーIDとパスワードを入力することにより消去できる。

リモートワイプの実行結果は、管理者なども含め、あらかじめ登録されたアドレス宛にメールで通知する。対応OSはiOSおよびAndroidで、回線停止はSoftBankおよびauのみ対応。料金は、月額315円/ID。管理用基本料金315円が別途必要。

(Security NEXT - 2012/06/14 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

ロジテックがフォレンジックサービスに参入 - メーカーや機器問わず対応
ブロックチェーンの脆弱性診断サービスを提供 - ProVision
スマホ向けにトラブル補償付きセキュリティパック - ソフトバンク
顔認証ログオンソフトに覗き込み検知機能 - NEC
家庭向けIoT機器のマルウェア感染や脆弱性状況を無料で検査するサービス
eKYC時の顔データを用いて本人認証する新サービス - Liquid
米Transmit SecurityのPWレス認証製品を国内展開 - ラック
マルウェア対策やアクセス制御などモバイル向けソリューションを展開 - Jamf
モバイルアプリ向けに不正検知SDKを提供 - セキュアブレイン
カスペがiOS向けにセキュアプリ - フィルタリングや情報流出の確認機能