Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

一部利用者のパスワード流出を確認 - Linkedin

ビジネスに特化したSNSを展開するLinkedinは、ユーザーのパスワードが漏洩したとの報道を受け、調査を進めていたが、一部パスワードの流出を確認したことを認めた。

ロシアのハッカーサイト上に、同サービスの暗号化されたパスワード約650万件が投稿されていたと一部メディアが報じたことを受け、同社では調査を進めていたが、一部パスワードの流出について確認したという。

同社では、報道を受けてパスワードの変更を利用者へ呼びかけていたが、流出を確認したことから影響を受けるアカウントのパスワードを無効化。利用者に対してメールを送信し、リセットの方法についてアナウンスを実施するとしている。

(Security NEXT - 2012/06/07 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

テレワーク環境でマルウェア感染、社内に拡大 - 三菱重工
学生が個人情報含むクラス表をSNS投稿
小説投稿サイトに不正アクセス - 個人情報流出の可能性
Avastのブラウザ拡張機能が大量のデータを収集 - 研究者から懸念の声
来庁者の電話番号もとにLINEへ連絡、職員を処分 - 大阪市
ローン申込者の顧客情報を「OpenChat」へ誤投稿 - LINE Credit
小学校教員が個人情報写り込んだ画像をインスタ投稿 - 港区
Q&AサイトのQuoraに不正アクセス - 利用者情報1億件が流出か
教職員異動情報を公式発表前に誤って公開、SNSでも拡散か - 新潟日報
モニター募集フォームで個人情報表示される設定ミス - 神奈川芸術劇場