Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

一部利用者のパスワード流出を確認 - Linkedin

ビジネスに特化したSNSを展開するLinkedinは、ユーザーのパスワードが漏洩したとの報道を受け、調査を進めていたが、一部パスワードの流出を確認したことを認めた。

ロシアのハッカーサイト上に、同サービスの暗号化されたパスワード約650万件が投稿されていたと一部メディアが報じたことを受け、同社では調査を進めていたが、一部パスワードの流出について確認したという。

同社では、報道を受けてパスワードの変更を利用者へ呼びかけていたが、流出を確認したことから影響を受けるアカウントのパスワードを無効化。利用者に対してメールを送信し、リセットの方法についてアナウンスを実施するとしている。

(Security NEXT - 2012/06/07 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

個人情報含むファイルのダウンロードURLを誤って送信 - 東京都北区
観光支援のクーポン発行システムで個人情報が閲覧可能に - 栃木県
SNSの利用ルール啓発で、パスワード提出求める不手際 - 練馬区中学校
神奈川県、教員を停職処分 - 試験をインスタで生徒に漏洩
Twitterが乗っ取り被害、DM履歴に顧客情報 - ホビー製作販売会社
中学校教諭がSNSで生徒に試験を漏洩 - 「良い点を取らせてあげたかった」
キャラクター通話サービス「きゃらデン」、個人情報流出の可能性
宛先リストに誤り、還元ギフトを異なる顧客に送信 - Looop
発表前に関連情報が流出したプレスリリースは871件 - PR TIMESが調査結果
Twitterにイベント応募者の個人情報含む写真を投稿 - 大阪市立科学館