Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ACCS、摘発に協力した1年間の著作権侵害事件は83件 - 半数は「Share」関連

コンピュータソフトウェア著作権協会(ACCS)は、同協会が2011年度に行った著作権侵害対策の支援活動状況について取りまとめた。

同協会が捜査協力して刑事摘発に至った著作権侵害事案は83件で、2010年度の45件から増加した。これは捜査機関の体制強化によるもので、著作権侵害行為そのものが急増したわけではないという。

事案を内容別に見ると、最も多かったのはファイル共有ソフト「Share」によるもので42件と半数を占めた。次いで海賊版販売が21件、ストレージサーバの悪用が10件、ファイル共有ソフト「BitTorrent」関連が4件と続く。

権利侵害されたコンテンツで、もっとも多かったのはアニメ(30件)。またビジネスソフト(14件)やコミック(12件)、ナビゲーションソフト(10件)なども目立っている。さらに「BitTorrent」の悪用や、「FC2動画」や海外の動画配信サイト「PANDORA.TV」への違法アップロードなどは、2011年度今回はじめての摘発だった。

また刑事事件に発展したケースに関し、同協会の会員企業と加害者で損害賠償の支払いが進んでおり、1998年度以降の和解金総額の累計は約99億1000万円に上っている。

(Security NEXT - 2012/06/06 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

MS 365の保護ソリューション、カレンダーにも対応 - エフセキュア
MS、7月の月例パッチで脆弱性123件を修正 - 悪用は未確認
【訂正あり】「SharePoint」に任意のファイル取得される脆弱性 - 月例パッチで修正済み
プレゼン会議システムに複数脆弱性 - 一部修正した更新が公開
「SharePoint」脆弱性を狙う攻撃に注意 - 「China Chopper」を展開
「Android アプリセキュアコーディングガイド」の新版が公開 - 「Android 9.0」に対応
「Winny」などのファイル共有ソフト、GWに約9万人が使用
リソース消費量が多いAndroidアプリ - GoogleやSamsungが上位に
PSK利用のWi-Fiが退職者の不正侵入口となったケースも - PwC-CSがリスク評価サービス
「Windows 7」「WS 2008」の移行準備を - 攻撃増加懸念される東京五輪直前にサポート終了