Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

Apple、17件の脆弱性を修正した「QuickTime 7.7.2」を公開

Appleは、マルチメディアソフトの最新版「QuickTime 7.7.2」を公開した。Windows版において、17件の脆弱性が修正されている。

「テキストトラック」や「MPEGファイル」「PNGファイル」「TeXMLファイル」などの処理時に脆弱性が含まれており、修正したもの。脆弱性が悪用された場合、ウェブサイトへのアクセスや、ファイルオープン時に、任意のコードを実行されるおそれがある。

今回、脆弱性が修正されたのはWindowsのみで、Macに影響を与える一部脆弱性については、すでにOS向けに提供されたセキュリティアップデートで修正されている。

(Security NEXT - 2012/05/17 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

コンテナ管理プラットフォーム「Rancher」に深刻な脆弱性
macOS向けアップデート - 複数脆弱性を修正
狙われる「Telerik UI for ASP.NET AJAX」の既知脆弱性
「BIND 9」にサービス拒否の脆弱性 - アップデートが公開
「Chrome」にセキュリティアップデート - 複数脆弱性を修正
WordPress向けショッピングカートプラグインに脆弱性 - 任意のファイルを閲覧されるおそれ
VMwareのログ管理ツールに複数の深刻なRCE脆弱性
米政府、「ManageEngine」の脆弱性に対する攻撃に注意喚起
「GitHub Enterprise Server 3.7.4」が公開 - Gitの脆弱性に対処
Apple、アップデート「iOS 16.3」などを公開 - 複数脆弱性を修正