Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

Apple、17件の脆弱性を修正した「QuickTime 7.7.2」を公開

Appleは、マルチメディアソフトの最新版「QuickTime 7.7.2」を公開した。Windows版において、17件の脆弱性が修正されている。

「テキストトラック」や「MPEGファイル」「PNGファイル」「TeXMLファイル」などの処理時に脆弱性が含まれており、修正したもの。脆弱性が悪用された場合、ウェブサイトへのアクセスや、ファイルオープン時に、任意のコードを実行されるおそれがある。

今回、脆弱性が修正されたのはWindowsのみで、Macに影響を与える一部脆弱性については、すでにOS向けに提供されたセキュリティアップデートで修正されている。

(Security NEXT - 2012/05/17 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

VPN製品「Pulse Connect Secure」にゼロデイ攻撃 - アップデートは5月上旬
ランサムウェア「Cring」、脆弱VPN機器を標的 - 制御システムが停止する被害も
「Firefox 88」が登場、13件の脆弱性を修正
トレンド製パスワード管理製品に脆弱性 - アップデートが公開
「WordPress」に2件の脆弱性 - 「同4.7」以降にアップデートを提供
「Chrome 90」が公開、37件のセキュリティ修正 - 前回更新からわずか1日で
米政府、サイバー攻撃など理由にロシアへ制裁 - SolarWinds侵害も正式に認定
SAP、4月の月例アップデートを公開 - CVSS基本値「9.9」のRCE脆弱性も
スマホアプリ「ぐるなび」に脆弱性 - 任意サイトへの誘導に悪用されるおそれ
「Chrome 89.0.4389.128」で脆弱性2件を修正 - いずれもエクスプロイトの報告あり