Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ドライブバイダウンロード攻撃関連の脅威が上位を独占 - ESETレポート

キヤノンITソリューションズは、ESETが3月に追跡システム「ThreatSense.Net」で検知したマルウェアの状況を発表した。

ESETによるマルウェアランキングでは、不正サイトへリダイレクトしたり、特定の脆弱性を悪用する難読化されたJavaScriptを検知した「JS/Kryptik.KF」が、全体の6.7%にのぼり最多だった。同マルウェアや2位の「HTML/ScrInject.B.Gen」をはじめ、トップ10のうち8種がドライブバイダウンロード攻撃を構成するJavaScriptやトロイの木馬となっている。

残り2種は、オートラン機能を悪用してリムーバブルメディア経由で拡散するマルウェアを検知したもので、8位に「INF/Autorun.Sz」と9位に「INF/Autorun」がランクインした。同社が発表したマルウェアトップ10は以下のとおり。

1位:JS/Kryptik.KF
2位:HTML/ScrInject.B.Gen
3位:JS/Iframe.BT
4位:JS/Kryptik.KT
5位:JS/Iframe.BV
6位:JS/Iframe.CA
7位:HTML/Iframe.B.Gen
8位:INF/Autorun.Sz
9位:INF/Autorun
10位:JS/Iframe.CD

(Security NEXT - 2012/05/16 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

初期侵入から平均62分で横展開を開始 - わずか2分のケースも
サイバー攻撃で狙われ、悪用される「正規アカウント」
先週注目された記事(2024年3月17日〜2024年3月23日)
J-CSIP、2023年4Qは脅威情報15件を共有 - 巧妙なフィッシングの報告も
2023年4Qにおけるtelnetの探索、12月下旬は10月初旬の3倍に
セキュリティ相談、前四半期比46.9%増 - 「偽警告」が倍増
インシデント件数が約1割増 - 「スキャン」報告が倍増
悪意あるファイル、1日あたり約41万件 - 前年比3%増
マルウェアによるアカウント情報の窃取 - 2割強の企業で
3Qのセキュ相談、前四半期比約27%減 - 「不正ログイン」は過去最多