Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

SCSK、標的型攻撃から企業を守るセキュリティ監視サービス

SCSKは、標的型攻撃から企業のシステムや情報を守るセキュリティ監視サービス「Protection Expert/標的型攻撃マネージド監視サービス」を提供開始した。

同サービスは、米FireEyeの標的型攻撃対策ソリューション「FireEye Web MPS」および「FireEye Email MPS」を利用した監視サービス。24時間体制で監視し、機器が検知した脅威に対し迅速に対応する。

具体的には、イベントログの収集と解析、イベント発生時の内容確認、管理者への通知、月次報告書の作成などを実施。未知のマルウェアによる攻撃を受けた場合でも、対応するワクチンの開発を行うなど被害の拡大を抑える対策を提供する。価格は52万5000円から。

(Security NEXT - 2012/05/11 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

サイバー保険を付帯した標的型攻撃メール訓練をOEM供給
JPCERT/CC、ログ解析の訓練コンテンツを公開 - 痕跡発見のコツも
休校措置でネット利用増の教育機関にセキュ学習を無償提供
100以上の項目で標的型攻撃対策を評価する診断サービス
偽メール対策製品の対応プラットフォームを拡大 - Darktrace
ESETの脅威情報サービスを提供 - キヤノンMJ
国内着弾標的型攻撃の解析情報をYARAルールで - マクニカネット
TwoFive、ログの機械学習による脅威検知製品 - アナリスト解析を再学習
MS、機械学習活用したSIEM「Azure Sentinel」を発表 - 「Office 365」とも簡単連携
攻撃の対処要否を自動判断するための学習データ生成技術を開発 - 富士通研