Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

シャトレーゼのフランチャイズ店で顧客情報の盗難 - 施錠したキャビネットから持ち去られる

シャトレーゼ工場直売店大阪狭山店で盗難が発生し、顧客情報118件が記載されたポイントカード入会申込書が盗まれたことがわかった。

被害に遭ったのは、4月28日から5月2日、および5月4日から7日の期間に同店舗においてポイントカードの会員に入会した118人分の申込書。氏名、住所、電話番号、生年月日、メールアドレス、家族に関する情報などが記載されていた。

同店では、事務所のキャビネットで施錠して保管していたが、5月8日未明に何者かが侵入し、キャビネットの鍵を壊して現金とともに持ち去ったという。

申込書の控えなどはないことから顧客の特定はできず、同社では、店頭やウェブサイトで謝罪を行っている。紛失した情報の不正利用などは確認されていない。

(Security NEXT - 2012/05/10 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

PCR検査申込書の送信先記載にミス、ファックス誤送信が発生 - 群馬県
民生委員が書類紛失、自転車のカゴからなくなる - 三重県
NTTコムなど通信サービスの申込書が運搬中に高速道路へ散乱
水泳大会で取材申込書などを紛失 - 日本障がい者スポーツ協会
FAX番号誤記載で個人情報が第三者へ - 群馬県の技専
定期預金の印鑑届を紛失、誤って廃棄か - 北越銀
再委託先が個人情報含む図面などを一時紛失 - 横須賀市
顧客情報含む資料を車の上に置いて走行中に紛失 - 大丸
印影など含む口座振替依頼書を紛失 - 高島屋京都店
25~35年前の一部カードローン契約書など、紛失が判明 - 熊本信金