Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

キヤノンITS、ESETの法人向けセキュリティ対策ソフトのベータ版を提供

キヤノンITソリューションズは、ESETの企業向け総合セキュリティ対策ソフトのベータ版を、5月15日より提供開始する。

今回提供する最新版では、名称についてスイート製品の「ESET Smart Security」を「ESET Endpoint Security」に、ウイルス対策に特化した「ESET NOD32アンチウイルス」を「ESET Endpoint アンチウイルス」に変更。

従来の機能にくわえてデバイス管理機能を改善したほか、サードパーティー製品とのログ連携のための汎用ログフォーマットに対応した。サーバOS専用のプログラムをあらたに提供するほか、システム管理者向けのクライアント管理ツール「ESET Remote Administrator」についてもバージョンアップしている。

ベータ版は英語版のみとなり、6月29日まで公開する予定。同社サイトよりダウンロードできる。

(Security NEXT - 2012/04/25 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「ノートン360」の上位製品に個人情報流出の通知機能
Windows Server向け製品に新版、ネットワーク脅威対策を強化 - カスペ
コンシューマー向けESET製品に新版 - キヤノンMJ
「ウイルスバスター」新版、モバイル版で詐欺対策を強化
エフセキュア、最新OSをサポートしたLinux向け2製品をリリース
組込機器向けセキュリティ製品に新版 - カスペルスキー
NTT-AT、サイバー保険を付帯したセキュリティ対策ソフトを販売
感染時即時対応サービスを付帯した「Cylance」を提供 - 日立ソ
詐欺サイト対策ソフトが「Edge」や「Safari」に対応 - BBSS
「ウイルスバスター」に新版 - リスト非依存の不正サイト判別機能を追加