Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

トレンドマイクロ、標的型攻撃など検知するネットワーク監視製品 - 不審ファイルは仮想環境で検証

トレンドマイクロは、ネットワーク内の脅威を可視化するセキュリティソリューション「Deep Discovery」を、5月21日より発売する。

同製品は、ネットワークに設置したアプライアンスにより、通信するパケットやメールに添付されたファイルなどを監視し、不正な振る舞いや不正プログラムの感染を早期に把握できるセキュリティソリューション。

定義ファイルやルールによる検知にくわえ、疑いのあるファイルを仮想環境で実行し、危険性を評価することが可能。標的型攻撃など、組織ごとに異なる脅威についても対応する。

システム管理者は、管理画面からリアルタイムに攻撃元のサーバ情報や被害を受けた端末を把握できるほか、自動的に定期レポートを作成することが可能。オプションサービスとして、ログの分析サービスを提供する。

価格は、「同監視センサー」が3年の保守が付属して787万5000円。購入後2年目以降に購入が必要となる「同ソフトウェア・サポート・サービス」が262万5000円。

オプションとして、「インシデントレポート(262万5000円/年)」や「アドバイザリサービス(420万円/年)」「アセスメントサービス(105万円/回)」「基本サービス(78万7500円/年)」を用意。同社では今後1年間に、10億円の売上を目標としている。

(Security NEXT - 2012/04/24 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

Cymulate製の疑似標的型攻撃サービス - 内部感染フェーズも再現
既存サービスを「Emotet」対策として提供 - BBSec
サイバー保険を付帯した標的型攻撃メール訓練をOEM供給
JPCERT/CC、ログ解析の訓練コンテンツを公開 - 痕跡発見のコツも
休校措置でネット利用増の教育機関にセキュ学習を無償提供
100以上の項目で標的型攻撃対策を評価する診断サービス
偽メール対策製品の対応プラットフォームを拡大 - Darktrace
ESETの脅威情報サービスを提供 - キヤノンMJ
国内着弾標的型攻撃の解析情報をYARAルールで - マクニカネット
TwoFive、ログの機械学習による脅威検知製品 - アナリスト解析を再学習