Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

Oracle、複数製品の脆弱性88件を修正する定例パッチを公開

Oracleは、同社データベース製品やミドルウェア、ビジネススイートなど各製品の深刻な脆弱性を解消する定例パッチを公開した。

今回パッチが公開されたのは「Oracle Database」をはじめ、複数製品の更新プログラム。リモートでコードが実行できる深刻な脆弱性をはじめ88件を修正した。

同社では、できるだけ早く修正プログラムを提要するよう呼びかけている。影響を受ける製品は以下のとおり。

Oracle Database 11g Release 2
Oracle Database 11g Release 1
Oracle Database 10g Release 2
Oracle Application Server 10g Release 3
Oracle BI Publisher
Oracle DB UM Connector for Oracle Identity Manager
Oracle Identity Manager 11g
Oracle JDeveloper
Oracle JRockit
Oracle Outside In Technology
Oracle WebCenter Forms Recognition
Enterprise Manager Grid Control 11g Release 1
Enterprise Manager Grid Control 10g Release 1
Oracle E-Business Suite Release 12
Oracle E-Business Suite Release 11i
Oracle Agile
Oracle AutoVue
Oracle PeopleSoft Enterprise CRM
Oracle PeopleSoft Enterprise HCM
Oracle PeopleSoft Enterprise HRMS
Oracle PeopleSoft Enterprise FCSM
Oracle PeopleSoft Enterprise PeopleTools
Oracle PeopleSoft Enterprise Portal
Oracle PeopleSoft Enterprise SCM
Oracle Siebel Life Sciences
Oracle FLEXCUBE Direct Banking
Oracle FLEXCUBE Universal Banking
Primavera P6 Enterprise Project Portfolio Management
Oracle Sun Product Suite
Oracle MySQL Server

(Security NEXT - 2012/04/18 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「PAN-OS」に対するゼロデイ攻撃、国内被害は未確認
「PAN-OS」を狙う「Operation MidnightEclipse」 - 3月下旬より展開
Palo Alto Networksの「PAN-OS」にゼロデイ脆弱性 - パッチを準備中
Fortinet、アドバイザリ13件を公開 - 複数製品の脆弱性を修正
「Rust」によるWindowsバッチ処理に脆弱性 - アップデートが公開
Juniper Networks、セキュリティアドバイザリ36件を公開 - 「クリティカル」も
「PAN-OS」に関する脆弱性7件を修正 - Palo Alto Networks
「OpenSSL」にサービス拒否の脆弱性 - 次期更新で修正予定
「Node.js」にコマンドインジェクションの脆弱性 - Windows環境に影響
「Chrome」に3件の脆弱性 - アップデートが公開