Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「三井住友銀行」を装うフィッシング攻撃が発生 - サイト停止するも今後注意を

「三井住友銀行」のオンラインバンキングを装い、アカウント情報を窃取するフィッシング攻撃が確認された。三井住友銀行やフィッシング対策協議会では、誤って情報を送信しないよう利用者へ注意を呼びかけている。

三井住友銀行によれば、フィッシングメールでは「暗証カードの再発行」「ワンタイムパスワードの配布」「フィッシングサイト発生やウイルス報告にともなう確認」など、うその説明を行い、フィッシングサイトへ誘導するという。

問題のサイト上には入力フォームが用意されており、「契約者番号」や「第一暗証」をはじめ、「第二認証」として乱数表、「第三認証」などの情報を送信させる。

フィッシング対策協議会では、攻撃発生を受けてJPCERTコーディネーションセンターへ調査を依頼。4月13日16時の時点で同サイトの停止を確認した。今後、同様のフィッシング攻撃が発生するおそれがあるとして注意を呼びかけている。

(Security NEXT - 2012/04/13 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

政府、ISP経由で国内Emotet感染者に注意喚起
カード会社装い「緊急のご連絡」と不安煽るフィッシング
フィッシングサイト、「偽Microsoft」が最多 - 「偽楽天」は3Qに急増
ECサイトのフィッシングサイトが前月比1.7倍に - BBSS報告
1月のフィッシング報告大幅増、4万件超に - 「Amazon」関連が6割
「JNSA賞」が発表、フィッシングハンターのKesagataMe氏ら受賞
「情報セキュリティ10大脅威 2021」が決定 - 研究者が注目した脅威は?
2020年3Qフィッシング、前四半期の約4分の3に - RSAまとめ
2020年2Qのフィッシング攻撃は3割減、国内ホストは32件 - RSA調査
「ウイルスバスター」のメインテナンス通知を装う偽メールに注意