Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

検出回避を狙った巧妙な手口の標的型攻撃に注意

暗号化した文書ファイルをメールの添付ファイルとして送り付け、セキュリティ対策ソフトの検出を逃れるなど、標的型攻撃が巧妙化している。

トレンドマイクロによれば、今回同社が確認したのは、暗号化したWordファイルを送り付ける手口。暗号化されているため、セキュリティ対策ソフトでは検知できない可能性がある。

さらに今回の攻撃では、情報漏洩対策としてパスワードを別途メールで送付する商習慣についても模倣するなど、手の込んだ犯行だった。

また同社は、「Wordファイル」と「dllファイル」をzip形式で圧縮して送付し、両ファイルを連携させた標的型攻撃についても、複数の企業で確認した。いずれのケースも、悪用された脆弱性など詳細については、現在解析を進めている段階だという。

(Security NEXT - 2012/04/11 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

SonicWall、VPN製品向けに追加アップデート - すぐに更新を
2020年の緊急対応支援、3割強が「Emotet」 - ラック
SonicWall、VPN製品のゼロデイ脆弱性に対処 - 早急に更新を
東大総長を装う「なりすましメール」に注意
Cymulate製の疑似標的型攻撃サービス - 内部感染フェーズも再現
「情報セキュリティ10大脅威 2021」が決定 - 研究者が注目した脅威は?
2020年4Qの標的型攻撃メールは16件 - 目的不明のバラマキ不審メールも
2020年4Qのインシデントは1割減 - マルウェアサイトは倍増
北朝鮮グループ「Lazarus」が悪用する10種類のツール
情報セキュ監査人が選定した2021年のセキュリティトレンド