Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

広島県内と山口県内の公共図書館システムにセキュリティの不備 - Notaが指摘

図書館蔵書検索サイト「カーリル」を運営するNotaは、複数の公立図書館システムにおいてセキュリティ上の不備があったことを明らかにした。

同社によれば、中国地方における2カ所の図書館システムで、認証することなくFTPにより内部データへのアクセスが可能な状況だったもので、自治体や開発元に問題を通知したという。

広島県内の図書館システムでは、システムの実行ファイルやデータベースのダンプデータ、内部パスワードなどを確認できる状態だった。

一方山口県内の図書館では、利用者番号や電話番号を含む2005年10月以降の予約データにアクセスできる状態だった。データの詳細について解析は行っておらず、個人情報漏洩については不明としている。

また同社によれば、Windowsのファイル共有ポートが開放されている図書館システムも多数あると指摘。関係者へへ注意喚起を行っているという。

(Security NEXT - 2012/04/09 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

クラウド設定不備で個人情報に外部アクセス - イオン銀
「Salesforce」ベースの自治体向けサービスで設定不備 - 71団体が導入
問合フォームの入力情報が閲覧可能に - アドバンテッジEAP
住民向けアプリが外部アクセス可能に - 高砂市
神戸市の情報サービスが外部より閲覧可能に - 設定不備で
freee、「Salesforce」利用の複数フォームに設定不備 - 他社事例と異なる部分
相談窓口の顧客情報に外部アクセス、設定不備で - バンダイ
NISC、「Salesforce」の設定不備について注意喚起
新型コロナ拡大防止協力金申請者情報が流出 - 神奈川県
インフォサイエンスの複数ログ管理製品に脆弱性 - OSコマンド実行のおそれ